当サイトの人気記事
他サイトの新着記事

2017年10月10日

★Web拍手お返事:17/10/08・09・10分

17/10/08・09・10分 ※URL付きのコメントはお返事しづらいのででご遠慮ください。また数が多すぎて全てにお返事出来ていません。どうも申し訳ありません。

19時 少しネタバレになりますが、DQ11はクリア後が大事ですよ。色々な謎が明らかになってきます。なのでクリアしたら他のゲームの消化に行きたいとおもいますが、ぜひとも11のクリア後も最後までやってください。
クリア後もあるとは聞いていますが、次の閃の軌跡3もだいぶ待たせているから迷うところなんですよね。どうするべきか…。コメ欄には結構過激なコメントもありますしね。
22時 FGOで桜のサーヴァント、パールバティーが実装されましたね〜。今週の土曜には劇場版HFも公開されるし桜の時代がきましたな。自分もパールバティーは召喚出来ましたが、育成は少し先になるかも…。ステイナイト3ヒロインとしてアルトリアが剣、凛(イシュタル)が弓と来れば、桜(パールバティー)が槍なのは分かりますが、桜は騎(ライダー)でもよかったかもしれないですね〜。 不自
パールヴァティはNP効率が良くて、さらにスキルがどれも強力ですな。ただ素のATKが低いので、イメージ的には水着ネロみたいな感じでしょうか。★4としてはかなり強そう。
5時 乳首といえばゲームは未だにcerozでもだめなんでしたっけ。アニメや少年漫画(単行本や円盤では)ですら年齢制限なく大丈夫なのにどういう理屈なんだろう。海外ゲームも海外版では普通にでてるしいい加減ceroの基準は改正したらいいと思います
アニメやドラマでも地上波では自粛の方向になってますし、日本全体がそういう傾向なんでしょう。海外ではOKといっても、海外では逆に駄目なこともたくさんありますからね。その辺は国による文化の違いもあると思いますよ。
15時 あの体験クエストは卑怯ですよ!? snからのオールドファンは回さずにいられないはず。うちには10連で降臨なさいました。感謝感激雨アラレ
思いっきりFate/SNに偏っていましたものねw 私も1枚だけでましたけど、性能的にもかなりヨサゲですよ。
23時 まあブライトさん自身エゥーゴ加入直後は連邦での立場は危うかったし、シャアは認めている人物っぽいから、単純に共闘できるとなれば頼りになる人物、という認識な感じはします。セイラさんのおかげで連邦の人間としてはシャアがどんな人物かよく分かっている方だろうし。カイの様にシャアとの共闘に納得できない人もいましたけどね。個人的にはシャアとアムロの様な認め合ってるけど分かり合えない関係も気に入ってます。 不自
最初からジオンの姫が入っているってのがいいですよね。後々のストーリー上のアクセントになっていましたし…。
0時 11月スタートのDQのスマホゲーで11のマルティナが小清水亜美さんでカミュが内山昴輝さん、5のパパスが玄田哲章さん、6のミレーユが田中理恵さん、9のラヴィエルが新谷良子さん…とまたDQキャラのCVが決まりましたが、せっかく声が付くならコンシューマーゲーのプレイヤーとしてはこのメンバーの入る「DQヒーローズ3」も作られたら良いな、とそんな期待も持ちました。
いつか家庭用でも次があるならそのメンバーで色々なゲームをプレイできるようになるんじゃないでしょうか。いたストとか次ぐらいではありそうですよね。DQHはどうなるかな…。
4時 自分もドラクエは100時間超えでした。ちまちま長い期間やるようなゲームならまだしも、一気にやってしまうRPGで、しかも飽きなかったって言うのはホント凄かったです。
今回のドラクエはホント飽きないですよね。メリハリが効いていて単純作業のシーンが少ないからでしょうか。それでいてボリュームは凄いという…。
23時 PSのZガンダムはストーリー追体験のゲームとしては、現代のこの手のゲームの走りって気はしますね。当時電撃PSで初めてこの作品の情報が公開された時、美麗なCGに『これは遊びたい』と思ったものです。記事内のコメントでもある通りPS2台、テレビ2台で対戦可能という異色のゲームでした。ディスク2枚組で2枚目がシャアルートという構成で、最終決戦後、百式からシャアが脱出する貴重なシーンも観れるんですよ。 不自
パッケに見覚えがあるので私もいつか買ったのかも?当時はお金がなかったので発売日ではなく相当経ってからかもしれませんが…。ただ内容はあまり覚えてなかったりして。
トップページへ

おすすめサイト新着記事
Powered By 画RSS
春が大好きっ最新記事
Powered By 我RSS

他サイト更新情報

posted by spring at 2017年10月10日 06:00 | Comment(0) | Web拍手お返事
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: