当サイトの人気記事
他サイトの新着記事

2020年01月23日

「イース9」攻略感想(24)最終幕に突入!キリシャちゃんの好感度MAXイベント可愛すぎワラタwwサラディさんもエロいなー

20/01/23 3:00

皆さんこんばんは〜。

【本日の記事まとめ】
【画像】ToLOVEるの文庫版の仕様がエッチすぎるwww:20/01/22のニュース
【FGO】新イベ「救え!アマゾネス・ドットコム」詳細公開!エルバサ・クレオパトラ・刑部姫が主役かな?PUもあるぞ!
「ライザのアトリエ」攻略感想(19/完)祝クリア!厳しくも楽しい大冒険でした…。最高の仲間達との別れが辛いよーー!



「イース9」攻略感想(22)第8部に突入!シルエットは仮面を外すと超可愛い!?そしてサラディさんは良い尻だー!
「イース9」攻略感想(23)第8部クリア!真の黒幕登場。これまでの伏線が次々と明らかに…。衝撃の真実スゴイー!

というわけで、「イースIX -Monstrum NOX-」の攻略感想(24)です。(⇒公式サイト)

いよいよ「最終幕 怪人たちの夜」に突入しました。

今はラスダンをプレイ進行中〜。
今日の感想は「最終決戦の準備段階まで」ですが、「仲間たちとの最終イベント」が楽しすぎます!

キリシャちゃんの好感度MAXイベント可愛すぎワラタ!!

やっぱイース9のメインヒロインはキリシャちゃんですなぁ…。



エロい!エロいよ、このお姉さん!

※「最終幕 怪人たちの夜」の感想です。未プレイの人はネタバレご注意ください。





というわけで、前回の続きです。

「第8部 錬金術師はかく語りき〜」のラストにて、真の黒幕「錬金術士ゾラ」が登場したところからですね。
その後アドルが倒れてしまい、それを助けるためにアプリリスとスモノフさんが現れたのですが…。



アドルが二人!?

ついに通常アドルと囚人アドルが出会ってしまったのか…。
まぁプレイヤーが本人と思っていた通常アドルが「ホムンクルス」で、囚人アドルの方が「本物のアドル」だったのですけども。



ここは精神の狭間の世界かな?

今、正に消えようとしているホムンクルスのアドルから「魂と力を一緒に連れて行ってくれないか」と…。



というわけで、「最終幕 怪人たちの夜」に突入です。

アドルは!アドルはどうなったの!?(バンバン
続きカモーン!



あ、生きてる。

なるほど。ホムンクルスアドルの精神&魂を「囚人アドルが取り込んだ」形になったわけですな。
ホムンクルスアドルは消えてしまったけど、記憶や能力は囚人アドルに引き継がれている、と。



一応そうなりますね。
でも今のアドルにはホムンクルス時の記憶もあるので、厳密には違うのかな?

それはともかく、腕が義手じゃないアプリリスさんも新鮮ですぞ!



みんなもアドルの無事を喜んでくれました。

まぁ今までのアドルも囚人アドルも性格全く同じだったから無問題っすよ!
どっちもアドルでしたからねぇ。



いましたねぇ。

ムカデとか恐竜とか…。
過去のイースで登場したボス敵がたくさん出てきましたわ…。



なるほど!

あれは「アドルの記憶」から錬成されていたのか!
それなら過去作のボス敵が出てきたってのにも納得ですわ。

さすが最終幕、これまでの伏線がビリバリ解けていくなぁ…。



街ではもうすぐ「百年戦争の戦勝記念祭」が開催されるそうで…。

なんと!その日は最大級のグリムワルドの夜が発生するのだとか。

え?「満月」より酷いヤツなの?
そりゃ正直やりたくないっすなぁ…(汗

この「最終幕」のクライマックスの一つになりそうですわい。



ほとんどの人が予想したとおり、やはり「マリウス」が「パークスの探していた友人」だったみたいです。

でもマリウスは囚人アドルに不意打ちして拉致監禁してましたよね?
本当に味方なんだろうか…。ちょっと怪しい…(とこの時は思っていました)



お、また新しい仲間が加わったの?

美人だと嬉しいな!



お前かよ!

すっかり忘れてたけど、そういえばさっき助けましたっけね。
まぁグザヴィエいい奴だからいいけどさ。囚人アドルの時には世話になったし。



お、サラディさんからのお誘いですか!

どうやら「最終幕」だけに、仲間たちとの最終イベントラッシュが始まるみたいです。
いいぞいいぞ〜。これぞ「ラスダン突入前」って感じですよね。



エ ロ い!





それ、やっぱ有名だったのか…。
てっきりプレイヤーしか知らないメタネタだと思ってたよ(笑





まさかその発想はなかった…。
いや、例えその発想を思いついたとしても、正面切ってアドルに言えるその胆力に乾杯。

鋼の精神力ですか?



あ、キリシャちゃんが寝てる…。
そして頭の上には「好感度MAXイベント」のアイコン。

よし、まずはセーブして…。

キリシャちゃんを起こすぞー。



( ˘ω˘)スヤァ

凄く…よく寝てます…。



あ、起きた。

そしていきなりアドルに重大な質問をしてくるキリシャちゃん。
まぁアドルは冒険者だし、一つどころに留まる性格ではないので、すぐに次の冒険に旅立つことになりますが…。



呪い自体は本当に嫌なものですけどね。
そう考えると「呪いのおかげ」でもあるのか。



これがキリシャちゃんの本音…!





これまでのキリシャちゃんで一番可愛いイベントキター!

さすがは好感度MAXイベント。
つか、これもうキリシャちゃんがメインヒロインってことでいいでしょ!他にライバルもいないし。



なぜそうなる!?



ああ、ドギならそう言いそうですね…。
彼、思いっきり体育会系だから。



頬を叩く代わりに、頭を撫でてあげるアドルくんなのであった…。

イケメンか!



うむ、キリシャちゃんが嬉しそうで私も嬉しい。

今から別れを心配しても仕方ないですし、まずは「最大のグリムワルド」を乗り越えましょ。
そして錬金術士ゾラを倒して、この街に平和を取り戻すのだー。



ていうか、ダンデリオンめっちゃ混んでるね…。

こんなにお客が入っているダンデリオンは見たことがないよ!
大盛況だなー。



もう最近は店の中だと常に仮面を外しているシルエット。
美人だし、そっちの方がいいけど、「黄金の実」の在庫は大丈夫なのか!?



好感度MAXイベントをクリアしたので、素直になったイリス。
ていうか、その衣装にエプロンはなんかエロい雰囲気なんですけどー。



掲示板を覗いてみると…。



この依頼、どう見ても「マリウス」だよね…?

からの依頼。
一体どういうつもりなんだ…。



人形さんストップ!ちょいストップ!

マリウスからの依頼は「残りのホムンクルスの始末」でしたが、全員を殺しちゃうのはマズくない?
みんな生きてるんだし、キリシャやクレドたちの同類みたいなものなのだから…。



マリウス登場。

アドルたちに「ホムンクルスの始末」を依頼したはずなのに、自分で次々とホムンクルス達を処理していく?
ん?それ出来るなら依頼を出す必要なかったんじゃ?



キリシャちゃんの絶叫も虚しく、ホムンクルスは全員始末されてしまうのでした…。

ちょっと意味が分からなかったけど、これで一応依頼は完遂?
まぁマリウスに事情を聞かなければ気が済みませんが。



ホムンクルスはもう一体残っているんだ。

と自らを指差すマリウス。

やっぱりマリウスもホムンクルスだったのか…。
以前「記憶がない」と言ってたので、何となくそんな気がしましたよ。

でもなぜ「自分を殺して欲しい」のか?



マルクス・クラウディア・ガルマニクス。

マリウスの本名らしいですが、随分と大仰な名前ですね。
恐らく相当「高貴な出自」なのでしょう。



皇帝かよ!

超大物の登場に我もビックリ。
ていうか、ホムンクルスとはいえ皇帝本人だったとは…。



リンドハイムかよ!

これまで度々話題に出ていたこの都市の総督。
まさかパークスさんの正体が「リンドハイム」だったとは…。

言われてみればリンドハイムは行方不明になっているんだから、パークスの可能性もあったなぁ。
イリスのことを親身になって面倒見ていたのも、それなら納得ですし…。

まぁ「今思えば」ということで、今の今まで全く気づかなかったんですけどね!HAHAHA!



自害が出来ないマリウスの要望で、「アドルとの1対1」という形式で最期を迎えます。



これは皇帝とアドルが親しくなるフラグか…?

もちろんこのマリウスは皇帝本人ではありませんが、それでもこれだけ信頼されるのだから、皇帝とアドルの相性は良いはず。
次回作とは限りませんが、近いうちに皇帝とアドルが出会うチャンスがあるのかもしれませんね。



いやー。マリウスとパークスの正体には驚きましたわ。

言われてみれば二人とも怪しかったけど、今の今まで気づかない私も正直どうかと思う(汗
特にパークスは「リンドハイムである」と気づいた人の方が多いんじゃないかな?私は気づかなかったけど!



ジュールくんのお母さん、若くて美人!
ちょっと面白い性格してますけどw



スミノフさんの目的はやっぱり「ジュールの病気を治すこと」か…。

ていうか、妻子を置いてまで研究を続けるのなら、それぐらいしか理由になりませんよね。
これでジュールくんの誤解も解けて、万全の状態で最終決戦に挑めますな。

というわけで、本日の感想はここまでです。

次回で最終幕の準備段階を全て終えて、ラスダンに突入予定。
間違いなく「感想1回」では終わらないので、恐らくあと3〜4回ぐらいかな…?

長かったイース9もいよいよ終りが見えてきたぞ!もうすぐ!


イースIX-Monstrum NOX-オリジナルサウンドトラック
日本ファルコム (2019-11-22)
売り上げランキング:

【軌跡/ファルコム 関連記事】
「イース9」攻略感想(23)第8部クリア!真の黒幕登場。これまでの伏線が次々と明らかに…。衝撃の真実スゴイー!
「イース9」攻略感想(22)第8部に突入!シルエットは仮面を外すと超可愛い!?そしてサラディさんは良い尻だー!
「イース9」攻略感想(21)第7部クリア!衝撃の展開の連続…!一体この後どうなるんです?アドルに伸し掛かる責任!
「イース9」攻略感想(20/第7部)イリスの高貴な正体が判明!囚人アドルとクロスするシナリオも楽しいね!
PS4「創の軌跡」新スクショ公開。「まじかるアリサ」の3Dシューティング?姫騎士ラウラやくのいちフィーもいるぞ!
トップページへ

他サイト更新情報

posted by spring at 2020年01月23日 03:21 | Comment(17) | 零の軌跡/ファルコム
この記事へのコメント
本音をつぶやいちゃったキリシャちゃんが
暴れてる猫みたいで可愛かったっすなあ。

前回の部分でシャトラールに啖呵切ったときも
思ったけど、やっぱメインヒロインっぽいよね。
ずっといっしょにいるし
Posted by at 2020年01月23日 06:27
私は親密度MAXイベントは一週目は何人か見逃しちゃいましたね。アプリリス、テイト、ルシアン、の三人が見つけづらい…かも?あと、次点でパークス、グザヴィエ、モルビアンかな。他のキャラはプレゼント渡して最終章で話しかけるが条件なので簡単ですし。
Posted by at 2020年01月23日 06:31
キリシャちゃん可愛い!
Posted by at 2020年01月23日 07:17
キリシャちゃんのこれは
アドルと一緒にいられるなら
グリムワルドで戦い続けることに
なってもいいってことか

かなりの好意だよね
Posted by at 2020年01月23日 07:31
キリシャちゃんの好感度イベを見たときに自分も春さんとおなじえAAが浮かんでましたよw
リンドハイム卿に関しては自分も気づいてませんでしたよハイ(汗
Posted by at 2020年01月23日 08:31
自分もパークスさんの正体には全く気づいてませんでした。
マリウスの方はホムンクルスだとは気づかなかったけど、「皇帝が代替わり」だの脱獄中とかのロムンへの云々で皇帝なんじゃ?とは思ってたけど
Posted by at 2020年01月23日 09:40
まあパークスは軌跡なら黒幕だし(オイ)
Posted by at 2020年01月23日 10:05
好感度maxイベントは全員分みてからエンディングいくことをおすすめします
ラストの余韻の深さが大分変わるので
Posted by at 2020年01月23日 10:45
イリスがリンドハイムの正体が分かった時
どうなるのか気になったけど
優しいから多分何もできなかったよね
Posted by at 2020年01月23日 11:21
マリウスは皇帝とまではわからなかったものの、かなり重要な身分であることとホムンクルスっぽいことは推測できました
多分操られたんだろうなってことも
対してパークスさん…全然わからんかったわw
Posted by at 2020年01月23日 11:32
赤の王とアドルは同一人物みたいなもんですから同化しか方法がないならすんなり受け入れるだろうなと納得
喋りまくる赤の王が自分の手を離れてNPCになったようで寂しくもありました
Posted by at 2020年01月23日 11:36
マリウスがロムンの皇帝ってことは、グリゼルダさんとは親族、若しくは姉弟なのかね
Posted by at 2020年01月23日 11:50
順番的にDQB2の感想は?
Posted by at 2020年01月23日 22:09
イーストリビュート(ファルコム公式のアンソロジー小説)の最後の話でロムンの奇跡調査官が母がアドルの話ばかりしてたって言ってたけど、今考えるとイングリドのことだったんだろうな
Posted by at 2020年01月23日 23:09
つい先頃ロムン皇帝が代替わり、みたいな話があったし
マリウス君のオリジナルはグリゼルダさんのおそらく弟(異母だろうけど)
ですかね?

てかこのクエストは泣けたわ…
Posted by at 2020年01月24日 22:22
今作はキリシャしかヒロイン候補いない気が
Posted by at 2020年01月25日 20:38
そういえばアドルが目覚めたときに「付き添ってくれたのか?」を選ぶとアプリリスがデレるんですよね、作中じゃ珍しいんで可愛かった
Posted by at 2020年01月25日 22:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: