当サイトの人気記事
他サイトの新着記事

2021年11月04日

「黎の軌跡」攻略感想(17)ラングポートの探索メチャ楽しい!マリエルやエレインもいるし、楽しい出張になりそうだぜー!

21/11/04 8:30

皆さんおはようございます〜。
昨日の祝日はテイルズオブアライズをやりまくってしまいました…。軌跡もテイルズも両方メッチャ楽しい。

【昨日の記事まとめ】
日本人、何故か異常なほどにバッドエンドを嫌ってしまう。ハッピーよりバッドの方が面白いやろ……:21/11/03のニュース
「テイルズオブアライズ」攻略感想(27)アウメドラ撃破!と思ったら衝撃の新展開!?ちょ、シオンさん?アルフェーン!!



「黎の軌跡」攻略感想(15)ラングポート出発前の夜行動!エレインとカフェデート(?)とか、色々と意味深で楽しいな!
「黎の軌跡」攻略感想(16)ラングポート到着!アシェン可愛い。紅い流星ワラタwwいきなり頭文字Dが始まったー!?

というわけで、「英雄伝説 黎の軌跡(くろのきせき)」攻略感想(17)です。(⇒公式サイト)

(コメより)自分がイメージしてたカルバート共和国ってラングポートみたいなアジアテイストの街並みが並ぶ国だったので新天地キターって感じでした

そうそう!私も「黎の軌跡」を始めるまでは「カルバード共和国ってこんな感じだろうなー」と勝手に思ってましたよ。

ストレートに言うと現実世界の「中国」みたいなイメージ。創の軌跡でリィンが訪れてた街がそうでしたし。
そしてエレボニア帝国が「ヨーロッパ」かな。(あくまで私の中で)

でも軌跡世界の地図を見ると、カルバード共和国って現実世界のユーラシア大陸でいう「中東」辺りなのですよね。
つまりはまだ「東アジア」地域が先にあるってことなのかな?

1章のクレイユでの蕎麦イベントで「極東(=恐らく日本)」の話題もチラッと出てましたし。

※「第2章ラングポート調査〜初日昼〜夕方」の感想です。未プレイの人はネタバレにご注意ください。





というわけで、前回の続きです。

第2章にて「ラングポート」に到着し、後半の「出張パート」がスタートしたところからですね。
前回ラストは「アシェン」と一緒に「アーロン」の舞台を見に行って「趣味悪い」ネタで盛り上がりました(笑



その後は一旦宿に戻り、昼食をとってから、改めて「ラングポート調査」を始めるのですが…。



あ や し い !

この「下働きの老人」、いきなりヴァンたちに接近してきたのが超怪しいんですけどー。
ヴァンも「何か」に気づいたようですが、特に気にせず愛車を任せました。

う〜ん、ということは「とりあえずの危険」はないということでしょうか。
私なんて「車に細工されるんじゃないか〜」とか心配になってしまいましたが(汗



おお〜。いかにも「カルバード共和国」って感じだ!



さすが下積み時代に暮らしてただけあって、知り合いが多いヴァンさん。

つか、ヴァンはメッチャ顔が広いよなー。
「首都イーディス」でもそう思ったけど、ラングポートに来て改めてそう思いましたわ。



あ、この「メリーゼ」という文句言いまくりの女子社員、イーディスの駅前にいた人だ!

そういえば「大事な商談」をしていると言ってたけど、今はこっちに出張で来てるのか…。
セクハラ社長ww



みっしぃ売ってるーーーー!?

さすがみっしぃ、知名度抜群だな。
まさかこんなところまで販路を広げていたとは…。



パチモンだった…orz

なんだよ、もっしぃってww
みっしぃファンのティオが見たらブチ切れそうな悪徳商売ですな。

まぁ一応買うけど…。
初出のアクセサリーなので悔しいけど買っちゃう!ww



情報収集のために酒場に来てみたら…

いきなり酔っ払いのエロオヤジきたー!

なんというお約束。
まぁこんな「ナイスボディの水着JK」が酒場に来たら、そりゃ狙われますわ。

ここはヴァンさんが格好良くアニエスを救ってポイントアップ…。



と思ったら、その前にフェリが一蹴してしまいました。
ヴァンが出るまでもないってことか…。



場を収めてくれたのは新キャラ「ハル」さん。
いわゆる「酒場の看板娘」枠かな?



そしてジャック!

イーディスでディンゴが言ってた「酔っぱらいの友人」ってのがジャックでしたか。

この2人が今回の「現地協力民」ですが、2人ともヴァンとは「旧知の仲」らしいです。
というか、むしろ「親友」枠?2人ともヴァンのことを完全に信頼しているみたいですし。



この2人はギャンブラーにして「情報屋」をしているそうで、ラングポートの現状を教えてくれました。

ヴァンもこの街に来るのは久しぶりみたいなので現状把握は大事。
確か「2年ぶり」って言ってたかな。



なぜお前がここにいるww

たまたま出張で来ているらしいけど、タイミングいいよなー。
しかも「なにか起こりそうな雰囲気だから有給でラングポートに留まっている」とか勘も良すぎぃ!!

間違いなくこのあと「事件」が起きるんだよね。
まぁマリエルに引っ付かれると色々と邪魔なので、早めに引き剥がしたいところですが…。



いたー!引き剥がすためのネタ発見!

つか、マクシムってやっぱ有名人なんだなぁ…。
アニエスとフェリは知らなかったようですけどw



まぁ確かに嘘は言ってない。嘘はね。

つか、今回の事件は危険そうだから、マリエルを連れていくわけにもいかないでしょう。
マクシムに押し付け成功したのはラッキーでした(ヒドイ



アルマータの本拠ビルらしいですが、こんな正面から様子を見に来てもいいの?

私なんて「中から半グレが山ほど出てきそう」で怖いんですがー。
それに…。



軌跡恒例の「上から見下ろす敵」キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

閃の軌跡で100回ぐらい見た構図!
いや、100回は流石に言いすぎか。20回ぐらい?



もちろんヴァンも視線に気づいてはいましたが、やっぱり見られていましたか。
この2人は確か「アルマータの幹部の残り」ですな。名前は忘れた(ヒドイ



その後はアシェンから「4spg」を依頼されたのですが…。



ほほぅ。魔獣討伐ですか。

「大型魔獣」と書かれているので、多分メッチャ強いやつ。
でもまぁ多少強くても何とかなるし、ボスを倒すだけなら時間も掛からないでしょうから、最初にサクッと終わらせますか!



なぜガイドがいる…?



しかも面白そうなお姉さん。

まぁ今回の依頼は「大型魔獣」を倒すだけだから、多分すぐに終わると思いますよ?
わざわざガイドに付いてもらうまでもな……。





ひ、ひ、ひ、広すぎぃ!!

目の前に大型魔獣が出てきて、倒すだけの依頼だと思ったら…。
まさかまさかの広大ダンジョンですかい。なんてこったい。

準備をしてこなかった管理人、ここでスッとリセットを押すのであった…( ˘ω˘)スヤァ



とりあえず他の依頼を終わらせてから、最後に「大型魔獣」に取り掛かろう。
いや、あの依頼が一番「時間が掛かりそう」だったのでw

さて、こっちの依頼主はこの爺さんか。
「拳法の演舞」らしいですが、ヴァンさん「崑崙流」を修めていた!凄腕か!

あのSクラフトでラッシュしているのが「崑崙流」でしょうか。いや、よく分からんけど。



もう一人、月華流の使い手として「遊撃士シャオリン」をスカウトして…



レッツ演舞!

シャオリンさんは「お団子拳法女子」っすな。
でもこう見えてかなり強いらしい。まぁ遊撃士ですし。



って「覚えた」ってことは「そういう依頼」ですかよ。
これも軌跡では結構恒例。つまりはプレイヤーも「覚えろ」ってことですな。

技の名前と型を覚えて…。



選ぶべし!

ちなみに1回間違えてやり直しましたw
まぁメモ取れば楽なのは分かるんですけど、それも面倒なので普通にチャレンジしたら間違えた!



その後、他の依頼もサクサクっと片付けて…。



「大型魔獣」の討伐依頼に着手!
このガイドさん、結構大物よね…。



つーか、この洞窟は結構敵が強くて苦労したアルよ。

これ、アニエス連れてこなかったらクリアできなかったでしょ。
もはやアニエスの「回復力&アーツ攻撃力」はパーティに欠かせない戦力なので…。



これが噂の大型魔獣か。

メッチャ強そう



実際強いしww

これ、ヴァン一人じゃ絶対勝てない敵だよなぁ。
堅いし、相性が致命的に悪い。

まぁアニエスがいれば「Sクラフト」で完全回復できるので何とかなりましたが。



月華流と天賦の才を駆使して一刀両断!

ガイドさんが言ってたこの「伝説の英雄」の逸話。
ぶっちゃけ「アーロンみたいだなー」とか軽く考えていました。この時は。



この洞窟、この時点では「絶対取れない宝箱」があったので、また後で来るんだろうね。
ガイドさんが「干潮時に通れるようになる場所がある」って言ってたし。



その後、聞き込み調査をしてたら半グレに絡まれたーーーー!

って、あなたたち首都でも会いませんでしたっけ?

その髪型、その顔、その服装…
以前も見たことがあるんですけどー(笑



チンチクリンと言われて静かに切れるフェリ。
なるほど。「チンチクリン」は禁句でしたかφ(..;)メモメモ

でもアーロンはよくフェリのことを「チビ」と言ってますが、あれはオーケーなのでしょうか?



殲滅しちゃダメですよ!

フェリが殺るき満々なので釘を刺すアニエス。
いや、いくら半グレだからって「殲滅」はさすがにねぇ…。



殲滅殲滅〜♪

アニエスさんの殲滅力、マジパねえっすわ…。
この辺りから「アニエスのアーツ」が強力なダメージソースになりつつあります。

まさに殲滅天使(チガウ



アーロンだ!

横から出てきて半グレどもをボコボコにした挙げ句…。



今度はこっちも攻撃してきやがった!

見境なしですか?
それとも「ヴァン」を狙う理由がある?



↑オッサン呼ばわりされてブチ切れる24歳

まぁアーロンから見たらオッサンなのは分かる。
でも世間一般的に見たら24歳をオッサンは無理があるとは思いますがw



竜虎相搏つ!的な一騎打ち

…も



いい加減にしなさい!

このお尻はー!?
な、なんでここにいるの?



エレインキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

まさかラングポートで会えるとは…。
出張ですか?出張ですね?



キッ!



半グレどもを人睨みで「ひぃぃ」させる剣の乙女さん。
さすがの眼力ですよ、これぞ乙女パワー(ただし24歳)



横やりが入ったということで、今回は大人しく引いていくアーロン。

でも今回の依頼は「アーロンの暴走を止める」ことも入っているので、今後も邪魔することになるよね(汗
まぁここで顔合わせ出来たのは良かったかも…。



相変わらずアニエスを「危険な場所」に連れてきているヴァンに笑顔でプレッシャー。

エレインは滅多に笑顔を見せないのに、たまに見せるとこれだよ!
というか、ヴァンの前でエレインが笑顔なのは「常にこのパターン」な気がします(笑

というわけで、エレインの笑顔を堪能したところで本日の感想も終了です。

第2章のメインキャラも大体出揃った感じですわね。
アーロンは当然ですが、エレインもメインキャラだったのは意外でした。嬉しい誤算!

B096KDJ5FT英雄伝説 黎の軌跡 通常版

日本ファルコム
(2021-09-30)

■限定版

4047335657日本ファルコム公式 英雄伝説 黎の軌跡 ザ・コンプリートガイド

電撃ゲーム書籍編集部(編集)KADOKAWA
(2021-11-20)


【軌跡/ファルコム 関連記事】
「黎の軌跡」攻略感想(16)ラングポート到着!アシェン可愛い。紅い流星ワラタwwいきなり頭文字Dが始まったー!?
「黎の軌跡」攻略感想(15)ラングポート出発前の夜行動!エレインとカフェデート(?)とか、色々と意味深で楽しいな!
「黎の軌跡」アプデ1.10配信開始!Sクラフトのスキップ機能やっとキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!! 60fps対応もナイスだね
「黎の軌跡」攻略感想(14)怪盗グリムキャッツが残念系のセクシー美女だったww このお姉さん、面白ーーーい!
トップページへ

他サイト更新情報

posted by spring at 2021年11月04日 08:44 | Comment(33) | 零の軌跡/ファルコム
この記事へのコメント
三章の戦闘エリアはもっと広いんだよなぁ…周り魔獣だらけで最初ビビった。
Posted by at 2021年11月04日 08:53
今回の黎の軌跡は特に各街がしっかり個性があるんだよね
ラングポートみたいに東アジアっぽかったり
そうかと思ったら中東っぽい街があったり
だから出張するたびに海外旅行してる気分があって好き
Posted by at 2021年11月04日 08:55
賭博師ジャックの回収キター。けど、本人達自分の事が小説になっているの触れないのが寂しい。
自分の中で共和国は東欧的イメージでしたね。更に東が東方でそこからの移民が問題になっているような話が何度もありましたし。
Posted by at 2021年11月04日 08:57
ジャックとハルが出てきたときはホント驚いた
「3と9」や「ローゼリア」もそうだったし、
「陽だまりのアニエス」も出てくるんじゃないかと今から期待してる
Posted by at 2021年11月04日 08:58
ラングポートは中国っぽいなーと思ってたら、もっしいでダメだった
よく見るとモナくん(パチモン)も置いてるし
Posted by at 2021年11月04日 09:07
もっしぃはさすがに草
これはエーテルバスターで月までふっ飛ばされるのもやむなし
Posted by at 2021年11月04日 09:11
ジャックからは地味に〜女優のニケも出ますからね
闇医者グレンも期待だ!レミフェリアだけど…

「伝説の英雄」は若かりし頃のプレイアブルの方かと思ったけど
おかしくなる前のアーロンの中の人可能性もあるのかな
Posted by at 2021年11月04日 09:16
ヴァンの年でおっさん呼ばわりするならヴァンと
同い年の剣の乙女(24歳)はどうなるんだ。
Posted by at 2021年11月04日 09:27
アーロンはヤンチャな若者系の今までにいないタイプのメインキャラで結構好き
Posted by at 2021年11月04日 09:36
多民族国家という設定で、日本、中国、中東、東欧あたりが混じり合ってる感じですね
賭博師ジャックやカーネリア、3と9など、軌跡の小説はノンフィクションですね。私は人形の騎士が好きなんですが、これの元ネタは騎神なのかなぁ?作中だとデカくはなかったと思うんですが…
Posted by at 2021年11月04日 09:40
やっぱりエレインの元カノムーブあるよなーw
今でもお似合いだとも思うけど、アニエスもいるしどうなるw
Posted by at 2021年11月04日 09:43
ジャックとハルは作中書籍で出てるから新キャラって印象はないな
ヴァンは趣味やら醸し出す雰囲気やらが中年ぽいからオッサン呼ばわりも止むなしだと思うw
Posted by at 2021年11月04日 10:15
>ヴァンの年でおっさん呼ばわりするならヴァンと
同い年の剣の乙女(24歳)はどうなるんだ。

なおこの後のイベント
Posted by at 2021年11月04日 10:22
4歳差でオッサン、剣のオバ…お姉さん呼ばわりだもんなぁ
ヴァンはオッサン趣味があるとはいえひどいw
Posted by at 2021年11月04日 10:34
零の頃からカルバートはアメリカをモチーフにしているイメージだったから、特に違和感は感じなかったな。国家首席が大統領呼びだったし、東方人街はいわゆるチャイナタウンのことだろうと思っていた。
Posted by at 2021年11月04日 10:40
クロスベルの主任と帝国の有名流派の娘が見かけたら烈火の如くキレそうなパチモンをw
Posted by at 2021年11月04日 10:41
アーロン君がまためちゃくちゃいいキャラしてるんですよねえ
Posted by at 2021年11月04日 11:21
↑2
赤毛の少女武器商人を忘れてるぞー


アーロンはアッシュと似てるところがあるな
無礼キャラからツッコミキャラと化すトコとか

そういえばコイツら、同世代だ・・・
Posted by at 2021年11月04日 12:23
まあこの世界は30過ぎると、雛鳥とか薫陶とか年寄りみたいなこと言う世界だからね…
24は初老ぐらいの感覚ですわヽ(=´▽`=)ノ
Posted by at 2021年11月04日 12:25
ヴァンさんのPUはコレで何か細工されてまた廃車になるんかなーって思ったわ。
Posted by at 2021年11月04日 12:26
NPCのメリーゼさんは自分含めたぶん好きな人多いんじゃないかな?
この章で色々印象に残るキャラになる
Posted by at 2021年11月04日 12:28
アッシュ以上の問題児なアーロン来ましたねw
ヴァンをおっさん呼びなのはいいとして、同年代のエレインさんはおば…呼ばわり出来ないよね。うん。
Posted by at 2021年11月04日 12:41
ヴァンはビジュアルで剣士系だと思ってたから、Sクラで初めて殴ってるの見て拳法使いなのかと驚いた思い出
Posted by at 2021年11月04日 12:55
アニエスのアーツ攻撃力
殲滅天使(二代目)
先輩から受け継ごうかw
Posted by at 2021年11月04日 12:58
アーロンは仲良くなると呼び方変わるの可愛い
キャラはアッシュと被りすぎw
Posted by at 2021年11月04日 13:43
アーロンはアッシュの成人版を見てる気分になるな。
未成年の枷をなくした分パワーアップした問題児w
Posted by at 2021年11月04日 14:54
24歳で乙女(笑)なんて言ってやるなよ。
氷の乙女さんの立場がないだろ!
Posted by at 2021年11月04日 14:59
大学1年(19)の時って、社会人2年目(24)はオッサンというか大人に見えてた・・・と思う。もう遠い記憶だけど。
Posted by at 2021年11月04日 16:23
24歳は四捨五入すれば20歳だからオッサン、オバハンじゃないよ!
Posted by at 2021年11月04日 18:03
二人の幹部の見下ろしはよく見るけど、メルキオルみたいなパターンもちょいちょい見るけど前、それで見たの黒のアルベリヒさんとかいう大ボスも大ボスだったんだよなぁ…
Posted by at 2021年11月04日 18:40
アイスメイデンさんと言い、実はこの世界の乙女っていうのはこのくらいの年代の人なのでは?
Posted by at 2021年11月04日 21:48
乙女の称号は行き遅れという揶揄派と
嫁に行かないで(誰かのものにならないで)派
双方の合意で成立する称号です
Posted by at 2021年11月05日 06:06
洞窟のガイドも黒月の一員だからな
そりゃそのへんの半グレよりは強いと思われる
Posted by at 2021年11月05日 09:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: